やるの064

待ちに待った電子化加算


この要件が謳われてきて早数年
ようやく、記念すべき第一歩が記される

必要的に具備すべき要件
・レセプト電算化システムを導入していること
・試行的オンラインシステムを活用したレセプトのオンライン請求を行っていること
 (400床以上の病院に限る)
 →平成18年中は選択要件として、平成19年以降は具備すべき要件として
・医療費の内容の分かる領収書を交付していること


要するにレセプトの電子化処理:レセコンが導入されていてかつ、明細の領収書を出していること

選択的に具備すべき要件
・レセプトの電算化(電子媒体による請求)
・バーコードタグ、電子タグ当による医療安全対策を実施していること
・インターネットを活用した電子予約を行っていること
・診療情報提供について電子的に行っていること
・電子紹介状を行っていること
・検査、処方、注射等に係るオーだ稟議システムが整備されていること
・電子カルテによる病歴管理を行っていること
・医用画像管理システムによる放射線診断業務を行っていること
・遠隔医療支援システムを活用した離島・へき地及び在宅診療を行っていること


とりあえず、レセ電か電カル導入でオッケー
PACSでの読影診断も認可要件にはなっているものの、基金側がどこまで認可するのかは微妙
なお、申請用紙は別途、掲載
電子カルテが入っていればOKなのだが、その電子カルテの基準はどこかで制定されるんだろうか・・・・・
薬事法にも医療法にもその基準は載っていない
誰が決めるんだ!?

で、点数
初診時 加算 3点


お国も電算化進めたいのなら、もっと要件を増やす代わりに加算も増やせば良いのに・・・・・
これじゃリース代のほんの数%では?????
要件増やすといえば、これも必要かもw

Winnyを使用していないこと・・・・・

[PR]
by velopapa | 2006-03-13 17:49 | what's up
←menu