<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本日、Vectorに掲載の申請を提出しました!!


なにぶんにも初めての経験です
色々と知らなかったことがたくさん・・・・・
起業のためにも、もっと勉強が必要です



早速、ご試用いただいてます
ありがとうございます☆

薬局のオモテとウラのくま☆さんから、採用薬チェックが付けられないかとのお話をいただきました
また、次回の検討課題としてお預かりしました☆
[PR]
by velopapa | 2007-10-27 13:16 | what's up
本当は、今回が300回目だったんですけどねw
欠番作っちゃったので・・・・・301回目です(^^;






後発医薬品検索「GeSeCh」の続きです





本ファイルを起動すると、薬剤検索画面(初期画面)を表示します
薬剤検索画面を表示した際、カーソルは薬剤名入力欄へ移動します

使用される場合には、起動後、すぐにキーボードで検索文字列を入力できるようにしています

[画像をクリックすると大きく表示します]
e0062855_10343217.jpg






後発品(ジェネリック)の有無を検索する前には、必ず、注意事項をお読み下さい
薬剤検索画面中、右側にある朱色のボタン[注意事項および、免責事項]をクリックして下さい
本ソフトをご使用いただく際の注意事項を表示します
右上の青いボタンをクリックすると、薬剤検索画面に戻ります

[画像をクリックすると大きく表示します]
e0062855_10362655.jpg



GeSeChをご使用いただく上での注意事項と免責事項を以下に掲載します。
本ソフトをご使用いただく場合には、以下の事項をご了承いただいているものといたします。

1.本ソフトは、レセプト電算処理システム上の薬剤名から、後発医薬品の有無や一般名を表示します。
2.本ソフトでは、平成19年10月17日時点で公示されている薬剤の情報まで収載しています。
3.元となる情報は、無料で提供されている以下のマスタ等を参考にしています。
   診療報酬情報提供サービス
   MEDIS-DC
   厚生労働省
4.本ソフトで表示する全ての情報は、添付文書を確認して記載したものではありません。
  したがって、診断や処方は全て、添付文書を元にした情報にて行っていただくようにお願いします。
5.本ソフトで得られた全ての情報により、事故、過失等、発生した場合であっても、当方は一切の責任を負いかねます。
6.一部、一般名や規格名が分からない薬剤があります。
  この場合、一般名や規格名の情報は表示されません。
7.万が一、間違っている情報がありましたら、当方までご連絡いただきますようお願いいたします。



機能のご意見等あれば、ぜひ、挙げていただければと思います
ただ、技術的、道義的問題などから実現できないこともありますため、その点はご容赦願います





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
DLはこちらから





*****重要なお知らせ*****
「やるの300」でご案内しましたDLファイルを本日、更新しました
当初、ご案内したファイルがサイズが大きく、起動や動作が想定よりも遅くなっておりました
すみません
最適化を行ったファイルへ更新しましたので、DL済みの方は入れ替えを行っていただきますようお願いいたします

ちなみに、ファイルサイズは、
 
8,266kB → 3,806kB
まで、最適化できました・・・・半分以下 orz
[PR]
by velopapa | 2007-10-25 11:08 | what's up
300回目です
ありがとうございます☆



で、作りました>後発医薬品検索
前回の後発品検索より、ちょっとだけパワーアップしてます
おまけにファイルサイズも大きくなりました・・・・・>データは少ないはずなのに(__;



プラットホームは、ファイルメーカーです
バージョン6で作っていますので、最新バージョンへは変換していただければ対応できると思います(ファイルはfp5です)
今回より、しばらくは解説を行っていきたいと思います



簡単に解説しますと・・・・・



起動すると、このような画面を表示します
検索したい薬剤名を入力します(例:デパス)

(画像をクリックすると大きく表示します)
e0062855_2081979.jpg




検索をクリックすると、「デパス」と名前のついている薬剤を検索します
検索した結果を一覧表示します
規格と一般名も表示します

(画像をクリックすると大きく表示します)
e0062855_2093067.jpg




後発品の有無を表示させたい薬剤を選択します
 例:デパス錠1mgの名称の左側に表示された[表示]をクリックします
一般名、規格の一致する薬剤の一覧を表示します
後発医薬品として登録されている薬剤については「後発品」と表示します

(画像をクリックすると大きく表示します)
e0062855_2015862.jpg




どなたか、試用してみて下さい
こちらからDLし、Zipを解凍して使用して下さい
なお、情報の修正はできないよう、パスワードロックをかけております
ご指摘事項やご要望は、本ブログにいただいたコメントを元に実施し、いずれはVectorなどへも登録してみたいと思っております
よろしくお願いいたします


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
DLはこちらから



そのうち、FileMakerのサイトとかに出たりしないかなぁとw
[PR]
by velopapa | 2007-10-23 20:26 | what's up
ウィルコム、国立病院結ぶ通信網を構築・PHS活用

とうとうですかぁ


国立病院機構自身は大都市圏の大病院から、おおむね僻地にある地方病院(元結核対応病院)に大分されるんでは無いでしょうか
特に地方病院はその存在意義が、専門病院から地域病院へ移したこともあり、より高い専門性を維持しながら横の連携が必要になっていたわけで、そう言う意味でもこのプロジェクトは良さそうですね
もちろん、国立病院機構が中心となって地域医療へも同様のPHS活用が図れれば、Willcomにも良い訳ですね

ただ、地方の国立病院機構があるところに、PHSのアンテナがあるかどうかは疑問ですが・・・・(^^;
[PR]
by velopapa | 2007-10-17 10:33 | what's up
診察室は不要:「ネット診療と往診」サービスがNYで開始

by wiredvision


日本ではありえない概念ですねぇ
患者さんをクリニックで待ってるんではなく、往診とメールのみ
検査など、複雑な内容の診療が必要な場合には外部委託
(委託先の選定にはずいぶんと時間を要したようですが)
これって保険診療ではなく、患者さんとの個別契約によって成り立つんですねぇ
とすると、診療費の保険負担分も全て自費なんでしょうか?
ビジネスモデルとして成り立つのか、どうか・・・・・


電子カルテは、コレですか
Macベース??
60万円かぁ
レセコンの無い事を考えれば、高い目でしょうか?>日本で言えば
日本語に対応したりするんでしょうか??
[PR]
by velopapa | 2007-10-09 12:51 | what's up

静脈認証で医療事故防げ 恵佑会札幌病院、新システムを導入



この題目だけを見て、「また、電子カルテ認証か・・・・・おいおい・・・幾らコストかければ、まともなセキュリティシステムが構築できるん?」と思ってたら、実はこんな話でした


富士通、恵佑会札幌病院と手のひら静脈認証装置による患者認証システムを構築



失礼しましたorz



抜粋(富士通サイトより)

患者認証システムにより、医師が電子カルテシステムに入力した患者に関する手術指示のオーダーと、実際に手術を受ける患者本人との適合を、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」を用いて照合することが可能になります。

同システムは、手術予定のある患者の手のひら静脈の情報をあらかじめ電子カルテシステム内に登録し、手術当日、手術室に入室する患者の手のひら静脈の情報と登録されている静脈情報を照合するものです。本人であることが確認されてはじめて手術を実施することにより、同姓同名をはじめとした患者の取り違えを防止するなど、医療事故の防止に貢献します。





手首にシール巻くよりはよほど良いですね!
好感持てます!!
手首にシール巻いてると、罪人にでもなったような気がしたものですから・・・・(^^;

もちろん、重大な治療や手術用と言う事でしょうが、診察券なんかも兼ねられると面白そうな・・・・・
国民全員の静脈パターンデータとオンライン保険情報を組み合わせて、年金の支払い忘れを無くしたり、不慮の事故で亡くなっても静脈パターンが取れれば身元も判明できて・・・・・・・

More
[PR]
by velopapa | 2007-10-03 10:41 | what's up
←menu