やるの264

カルテ無断持ち出し 元内科医    新日本海新聞社記事より引用

鳥取県南部の病院に勤務していた元内科医師が、病院に無断で電子カルテを印刷するなどして持ち出し、自ら開業した診療所のデータとして使っていたことが分かった。持ち出されたカルテは463人分。医師は「患者の許可があればよいと思っていた。認識が甘かった」と謝罪している。



そうですよねぇ
ダメですよねぇ
個人情報保護のコンプライアンスも何も無いですねぇ

でも、こんなん、当たり前じゃないですか??


特に自分の居た循環器業界は、電子カルテの有無に関わらず
 「カテ台帳」
と称して、
 治療記録(冠動脈治療) 
 投薬情報
 既往歴
 診断情報
など全てをDB化しているサイトが多々あります

もちろん、これらは保存義務及び3原則を満たした記録ではないため、法的な縛りの無いものでした(現時点の個人情報保護の観点からは、電子カルテと同等の保護が必要となっているはずですが・・・・・)
平気でこのカテ台帳を開業する自身の医院へ持っていくだけでなく、ある時は国内、ある時は海外に持ち歩くドクターが山ほどいらっしゃいます


まぁ、善し悪しについてはニュースの通りですので申し上げることは有りませんが、せいぜいお気をつけ下さい m(__ )m

e0062855_1427522.jpg

[PR]
by velopapa | 2007-06-28 14:28 | what's up
←menu