やるの218

内閣官房の調査結果

電子カルテやオーダーエントリーシステムを導入した医療機関では、医師の負担が必ずしも減っておらず、逆に増えている可能性がある

らしいですね
そうなんや
電子カルテなんて辞めようかw

ただ、このデータは200床以上のサイトの場合
診療所だとまた別だと思う

数字を拾ってみると、今更ながら凄いと気づく

 導入による医師の負担
 非効率化を実感、どちらかといえば非効率化を実感 27.6%
 効率化を実感 20.8%
 どちらともいえない 46.5%


一概に医師だけでなく、その他のスタッフの負荷も一緒に数字にすべきでしょうに(__;
で、一緒になったものを確認

 効率化を実感 63.5%
 院内情報の共有 85.5%
 会計業務の効率化 83.0%


よって導入メリットは高いようです
でも導入コストが負担できなくて導入していないところも多いそうです

 導入+導入予定 49.4%
 導入しない理由がコスト 67.0%



でも、やはり、患者の満足度は高そうです

 導入効果を実感する割合 60%以上
  理由 病気やけがの具合を分かりやすく教えてもらえた
      医療機関での手続きが迅速である
      待ち時間が減った
       導入前平均 75.6分  →  導入後平均 55.3分


全国の医療機関の医師の方々
内閣官房によれば、電子カルテは導入した方が良さそうですよ(笑)

でも55分も待てないのよねぇ(T^T)
[PR]
by velopapa | 2007-02-23 20:42 | what's up
←menu